空港の滑走路は水はけをよくするため平らではない

空港にはみんなの安全を守るために細かい設計がされている。

空港の滑走路は中央部分が高く、両脇が低く、中央から脇に向かって傾斜している。これは雨の時に水はけをよくするためである。水たまりがあるとブレーキが効きづらい、またはハンドル操作ができないことがあり、事故につながる危険性がある。そのため、滑走路には傾斜を付けて水が脇に流れるようにしている。

2017/07/17

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「鉄道・飛行機

関連記事