飛行機が着陸する時に強い衝撃がある理由

飛行機が着陸時にドスンと衝撃が激しいのは、パイロットの操縦が下手なわけではなく、安全のためにわざと行っている。

飛行機は着陸の時に衝撃を与えるとスピードを落とすことができ、滑りやすい滑走路でも早く停止することができる。スムーズに着陸した場合には衝撃がほとんど発生しないが、その代わりに滑走路を進む距離と時間がかかってしまう。長さに限りのある滑走路において、安全により早くスピードを落とすために、衝撃のある着陸を行っている。

2017/07/17

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「乗り物・交通機関

関連記事