植物には「キンモクセイ」と「ギンモクセイ」がある

秋になると甘い香りがするモクセイ科の「キンモクセイ」は有名だが、「ギンモクセイ」という植物もある。

モクセイ科のギンモクセイの花は白色で、キンモクセイに比べると香りは控えめである。もともとキンモクセイよりもギンモクセイのほうが先にあり、ギンモクセイより色鮮やかで香りが強い変種が誕生し、その植物が「キンモクセイ」と名付けられた。

金と銀は一対になっていることが多く、金閣寺に対して銀閣寺、金魚に対して銀魚という魚もいる。銀魚は金魚の一種で、うろこが銀白色をしている。

2017/08/02

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生き物

関連記事