〔オリンピック〕2020年の東京大会でも1964年の20競技は全て行われる

56年ぶりに東京で開催される夏季オリンピック。オリンピックでは大会ごとに競技数が増えたり減ったりする。

例えば、2012年(平成24年)のロンドン大会では野球・ソフトボールが外れ、2016年(平成28年)のリオ大会ではゴルフが加わり、話題となった。

1964年(昭和39年)の東京大会で行われていた競技は20競技で、これらの競技は2020年の東京大会でも全て行われる。

1964年の東京大会の20競技は以下の通り。

  • 陸上競技
  • 水泳
  • 水球
  • サッカー
  • ボート
  • ホッケー
  • ボクシング
  • バレーボール
  • 体操
  • バスケットボール
  • レスリング
  • セーリング
  • ウエイトリフティング
  • 自転車競技
  • 馬術
  • フェンシング
  • 柔道
  • 射撃
  • 近代五種
  • カヌー

2020年の東京大会は33競技で、1964年の東京大会より増えた14競技は以下の通り(2020年の東京大会では、水球は水泳競技の1種目に含まれる)。

  • アーチェリー
  • ハンドボール
  • 7人制ラグビー
  • スケートボード
  • トライアスロン
  • 野球・ソフトボール
  • サーフィン
  • スポーツクライミング
  • バドミントン
  • テコンドー
  • ゴルフ
  • テニス
  • 卓球
  • 空手

ちなみに、2020年の東京大会で初めて行われる競技は4競技で、スケートボード、サーフィン、スポーツクライミング、空手である。野球・ソフトボールは2008年(平成20年)の北京大会以来、3大会ぶりの復活となる。

2017/08/04

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「オリンピック

関連記事