広島風お好み焼きのソースは最初よりも濃くなった

広島風お好み焼きのソースは普通のソースよりも濃い。

最初に広島風お好み焼きが作られた時はそば入りではなかった。その後、キャベツや焼きそばなど具材が増えていったため、ソースを濃くしないと薄く感じてしまう。そこで味を保つためにソースも濃くなっていった。

2017/08/18

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「食べ物・お酒

関連記事