歩行者信号に描かれた人はここ数年で少し太った

このような変化は気付きにくいが、比較してみると確かに少し太っている。

昔の信号機は背景も含め、全体を電球で光らせてたためコストがかかっていた。そこで新しい信号機はLEDを使用し、人だけが光るものへと変更された。そのため、より人型が目立つように少し太らせる必要があった。青信号も赤信号もよく見ると昔よりも少し太っている。全国の約半数の信号が新たなデザインに移行しており、今後徐々に拡大していく予定である。

歩行者信号 比較
画像引用元:警察庁

2017/09/01

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「乗り物・交通機関

関連記事