電車の運転免許は1度取得したら更新の必要はない

電車の運転免許は1度取得したら永久に更新しなくても良い。

運転士の免許は国家資格で医師や弁護士と同じ性質のものであり、免許の取得がとても難しく、ハードルはものすごく高い。また、取得までに長い期間が必要となる。電車の運転手になるには駅員・車掌をそれぞれ1~2年ほど経験する。さらにその後、約9ヵ月間の厳しい教習期間があり、合計3年ほどかけてようやく免許を取得できる。そのため、1度取得したら免許の更新の必要はない。ただし、運転士になった後も鉄道会社においてシュミレーターを使った講習や運転技術チェックを行い、事故が起こらないように努めている。

2017/09/01

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「鉄道・飛行機

関連記事