週間文春はネタを買わない

『週刊文春』は、株式会社文藝春秋の発行する週刊誌である。

スクープを連発している『週刊文春』は、お金で情報の売り買いは基本的にしない。タレコミは昔からそれほど精度の高いものではない。逆にお金に絡まない情報は信憑性が高いものが多い。各々がネットワークを持っていて、そこからすくいあげる情報が主なものとなっている。お金目的の情報に頼らない姿勢が、結果としてスクープを生んでいるのだ。

近年では『週刊文春』にスクープされた事により社会問題化した事件・不祥事が増加傾向にあり、こうした記事は「文春砲」と呼ばれる。「文春砲」の名称は元々インターネットスラング(隠語)であったが、2010年代からはテレビのワイドショーや報道番組、『週刊文春』の記事の見出しでも使われるようになった。

2017/09/01

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「歴史・文化

関連記事