築地では4年に1度の場所替え抽選会が行われていた

昔、築地の仲買人たちにとってオリンピックより大事な4年に1度の大イベントが場所替え抽選会だった。

築地市場には全国から食材が集まるため、貨物の鉄道が敷かれていた。その名残りで築地は扇型に広がっているが、駅周辺の店舗と隅田川沿いの市場の外れでは売り上げが全く違った。
築地市場
画像元:wikipedia

そこで、公平を期すため1950年(昭和25年)から場所替えの抽選会を行うようになった。その後、築地を訪れる観光客が増えるとともにお客がまんべんなく広がり、2004年(平成16年)を最後にこの抽選会は終了した。

2017/09/08

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「歴史・文化

関連記事