台風は「大型」「超大型」だけで「中型」「小型」はない

台風には強さと大きさの階級分けがあるが、大きさは大型(大きい)と超大型(非常に大きい)だけである。

以前は中型と小型もあったが、多くの人が大したことないだろうと思い込み、ちゃんと備えなくて大きな被害が出たことがある。そのため、2000年(平成12年)から気象庁では注意を促すため「中型」「小型」の表現を廃止し、人々を油断させる情報は送らないようになった。大型、超大型以外のものは単に「台風○号」と表記するようになった。

台風18号
台風情報
画像元:Yahoo!天気・災害

超大型の台風21号
超大型の台風
画像元:Yahoo!ニュース

大型の台風は風速15m/s以上の半径が500km以上~800km未満のもので、超大型の台風は同半径が800km以上のものを指す。また、風速25m/s以上の風が吹いているか、吹く可能性がある範囲を暴風域と呼ぶ。大型、超大型の台風それぞれの大きさは、日本列島の大きさと比較すると以下のようになる。

大型、超大型の台風
画像元:気象庁

2017/09/15

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事