線香花火を長持ちさせる2つの工夫

夏の風物詩である線香花火だが、少しでも長持ちして欲しい時に使える方法である。

線香花火
画像元:Wikipedia

①火薬が入った根元部分を軽くひねって火薬を固める。火薬がギュッとまとまり、火が伝わるスピードが落ちて少し長持ちする。

②火を付けたら真下ではなく45度に傾けて持つ。これにより火の玉との接触点が増え、火の玉が上っていくことで火種が落ちにくくなる。

ちなみに、線香花火の名前の由来は、江戸時代に膠(ニカワ)で練った黒色火薬を稲藁の先に塗って火をつけ、香炉に線香のように立てて遊んだことからとされる。

2017/09/23

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事