銀行が午後3時で閉まるのは法律で決められている

スーパーやコンビニなど24時間営業のお店がある現在だが、銀行は午後3時に窓口業務が終了する。

銀行
画像元:Frame illust

これは銀行法の施行規則により原則で営業時間は午前9時から午後3時までと定められているからである。ただし、営業時間は営業の都合により延長することができ、りそな銀行など午後5時まで営業している銀行や支店もある。

午後3時で窓口業務は終了するが、それ以降は伝票の現金と金額が合っているかどうかの照合作業や現金の輸送準備などを行っている。そして、現金や重要書類を金庫室に保管して銀行員の1日の仕事が終わる。帰る時間は支店や時期により異なり、午後6時や8時、忙しい時は10時などかなり幅がある。

2017/10/04

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事