イタリアではチーズでお金を借りられる

そのチーズはイタリアを代表するチーズの一つで「イタリアチーズの王様」とも呼ばれるパルミジャーノ・レッジャーノである。

パルミジャーノ・レッジャーノ
画像元:Wikipedia

名前の由来は地名からきており、パルマ、レッジョ・エミリア、モデナなどのエミリア・ロマーニャ地方で作られる。濃厚な美味しいチーズだが、製造してから販売されるまでに熟成期間が2年かかる。この期間は製造者が無収入となる。

そこで銀行がそのチーズを担保としてチーズ用に造られた貯蔵庫で預かって保管して、資金を融資する制度がある。その金額はチーズの完成予想評価額に対して約80%であり、1個40kgのパルミジャーノ・レッジャーノで約6万円の融資が見込める。イタリアのとある銀行には貯蔵庫に約44万個のチーズが管理・熟成されており、その総額は約400億円にもおよぶ。

戦後直後の経済状況が厳しい中で伝統産業を守るために、応援の意味も込めて銀行が始めた融資制度で、その伝統が今でも残っている。

2017/10/12

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「食べ物・お酒

関連記事