明治天皇が西郷隆盛を激ヤセさせた

西郷隆盛は脂っこい物も甘い物も大好きだった。鹿児島は養豚の盛んな地であり、西郷は脂身のついた豚肉が大好物だった。また、甘い物はスイカが好物であった。

西郷隆盛(1828~1877年)
西郷隆盛

そんな西郷は相当な巨漢で、現存する西郷着用の軍服のサイズから割り出された身長は181cm、体重は110kgもあったという。明治天皇は西郷のことがお気に入りで、太り過ぎた西郷を心配して痩せさせたという逸話が残っている。

ドイツ人医師ホフマンに相談して西郷が受けた治療は2種あった。1つは蓖麻子油(ひましゆ)を下剤として1日5回飲む方法であり、もう1つは運動をする方法であった。後者については狩猟で山野を駆けめぐるというものだった。

これらの治療が天皇の配慮のもとで行われ、西郷は痩せることに成功した。1877年(明治10年)に西郷を中心に西南戦争が勃発したが、その時にフランスの新聞に掲載されたイラストが以下の画像である。

西南戦争

中央の立派なひげを生やして座る人物が西郷と思われ、その姿を見るとかなり痩せたことが分かる。西郷は肥満の治療を目的とした狩猟を晩年まで趣味として好んだという。

引用元:Wikipedia

2017/11/08

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「歴史・文化

関連記事