ホルンだけ音が後ろ向きに出る理由

オーケストラのトランペットやトロンボーンなどの金管楽器は前向きに音が出るが、ホルンだけが後ろ向きに音が出る。

ホルン
ホルン
画像元:YouTube

ホルンは古く、その原型は「角笛」だった。狩りに行く時に馬に乗りながら吹いて、後ろの仲間に「獲物を発見した」「獲物を捕らえた」などの合図を出していた。その名残でホルンだけが後ろ向きに音が出る。

ホルン(英語:Horn)は、イタリア語ではCorno(コルノ)、フランス語ではCor(コール)と言い、もともと「角」の意味を持った言葉である。

2017/11/21

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「歴史・文化

関連記事