ミニトマトより小さい「マイクロトマト」がある

マイクロトマトは、直径1.1cmのパチンコ玉のよりも少し小さい0.9~1.0cmほどの大きさ。

マイクロトマト
マイクロトマト
画像元:藤田種子株式会社

2つに切ってみるとその断面はトマトと同じようになっており、小さな種もある。味もしっかりとトマトの味がして、とても甘い。トマトの糖度は5~7度であるのに対して、マイクロトマトは10度もあり、その甘さはスイカにも匹敵する。

気になる値段は1パック約100粒入って約3,000円と少し高め。実の色は赤色、オレンジ色、黄色のものがある。その甘みと見た目を生かしてサラダの飾りやケーキのアクセントなどに使用される。

トマトのレアチーズケーキ
トマトのレアチーズケーキ
画像元:ライフスタイルニュース

マイクロトマトは2000年(平成12年)頃から市場に出回り始めたまだ新しい品種。マイクロトマトの名前は品種名ではなく、ミニトマトより小さいことから「マイクロトマト」という商品名で販売されている。

2017/11/26

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「食べ物

関連記事