Tシャツの脱ぎ方が男女で違う理由

Tシャツの脱ぎ方は男女で違い、男性の場合は両手を襟の後ろにまわし、襟元を掴んで一気に引き上げて脱ぐ人が多い。画像の一番左の脱ぎ方が男性で多い脱ぎ方である。

Tシャツの脱ぎ方
Tシャツの脱ぎ方
画像元:Twitter(@mis110boss)

女性の場合はウエストの位置で腕を交差して、下から引っぱり上げて脱ぐ人が多い。画像の左から2番目の脱ぎ方である。

毎日放送のテレビ番組『林先生が驚く初耳学!』(2017/11/26放送)では、Tシャツの脱ぎ方について男女50人に街でアンケートを取った結果、襟から引っ張る男性が82%(41人)、腕をクロスして下からめくる女性が72%(36人)だった。

Tシャツの脱ぎ方に男女差がある理由は、Tシャツの製造工場でその理由をみつけることができる。男性用と女性用のTシャツの型紙を比べてみると、シルエットが大きく違う。女性用のTシャツは体のラインを美しく見せるために体にフィットした作りになっている。男性用と比べ、袖やくびれの部分が体に密着して可動範囲が狭い。そのため、男性のように襟の部分から引っ張って脱ぎづらい。

一方、男性用のTシャツは動きやすさ重視の作りになっており、袖や襟元がゆったりしたものが多い。そのため、襟から引っ張って脱ぐ人が多い。Tシャツの脱ぎ方が男女で違うのは、袖とくびれのデザインが男女で違うからである。

2017/11/28

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事