笑点の座布団は長方形で1枚3万6000円

笑点で使われる座布団は正方形ではなく長方形をしている。これは「積み重なって座った時に長方形の方がきれいに見える」という理由からである。

笑点の座布団
笑点の座布団
画像元:Jタウンネット 東京都

そして、座布団は絹を平織りにして作った高級なちりめん製で、その値段は1枚で約3万6000円もする。大喜利の出演者6人x10枚=60枚の座布団をしっかり準備しており、座布団だけで約216万円と意外なところにお金がかかっている。

座布団は10枚重ねてもちゃんと人が座れるように、そのサイズは約60cm×72cmと大き目で、通常よりしっかりとした作りになっている。また、その重さは新品の状態で1枚3.5kg、使い込んでくると4kgほどになるという。

その座布団を運んだり取り上げたりし続けている「山田君」こと山田隆夫(61歳)は、30年以上もの間、見た目よりもずっとハードな仕事をしていたことが分かる。実際、ぎっくり腰を何度も経験している。そのため、日頃からジムで筋トレをしているという。

この座布団は非売品なので直接買い求めることはできない。だが、探してみると通販で笑点の座布団カバーが販売されている。

笑点の座布団カバー
笑点の座布団カバー
画像元:Amazon

値段は1枚1,728円(税込)で本物の座布団に比べてお手頃である。材質は綿100%、サイズは約55cm×59cmで本物よりも一回り小さいが、大喜利の気分を味わえる商品となっている。

2017/12/13

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「歴史・文化

関連記事