缶詰にもなっているもの

いつでも、どこでも、開けてすぐに食べられ、災害時にも便利な缶詰には、あまり知られていない珍しいものもある。そんな缶詰5つを紹介する。

  • チーズケーキの缶詰
  • 東京都千代田区内神田に本社を置くトーヨーフーズ株式会社が製造・販売している缶詰で、値段は500円(税込)、賞味期限は2年。「どこでもスイーツ缶」シリーズとして、チーズケーキのほかに、ガトーショコラ、抹茶チーズケーキ、カップケーキ(メープル風味、チョコ風味、フルーツMIX)がある。
    チーズケーキの缶詰
    画像元:Amazon

  • エビチリの缶詰
  • 宮城県気仙沼市に本社を置く株式会社カネダイが、ベトナム産バナメイエビを原料にした世界初のエビチリ缶詰「えびのチリソース和え缶詰」を開発・販売している。子供やお年寄りでもエビチリが堪能できるよう、軟らかく仕上げてあるのが特徴。写真は「えびのチリソース和え缶詰」と「ずわいがにかにみそ缶詰」のギフトセットで値段は3,348円(税込)。賞味期限は約3年。
    エビチリの缶詰
    画像元:高島屋オンラインストア

  • メロンの缶詰
  • 東京都中央区日本橋堀留町に本社を置き、さまざまな缶詰を取り扱っている株式会社サンヨー堂が製造・販売している。値段は550円(税込)、賞味期限は3年。同社は「さくらんぼの缶詰」や「梨の缶詰」も販売している。
    メロンの缶詰
    画像元:しじみさんとりゅうりゅうのママ日記

  • だし巻き卵の缶詰
  • 缶詰バーを全国展開している「mr.kanso」のオリジナル缶詰。世界初となるだし巻き卵の缶詰めで、京都老舗「吉田喜」とのコラボにより実現した。ふっくらと焼き上げ、本格京風だしにつけ、その味をそのまま缶詰に閉じ込めた商品となっている。一品おかずが足りない時やお酒のつまみにもなる。値段は550円(税込)で、賞味期限は3年。
    だし巻き卵の缶詰
    画像元:mr.kanso WEBショップ

  • たこ焼きの缶詰
  • 同じく缶詰バー「mr.kanso」が独自開発した世界初のたこ焼きの缶詰で、特製ソースの味と粉もんらしい味わいで、いつでも手軽に大阪のソウルフードを楽しめる。しっかりした味付けで、ビールやお酒との相性も抜群。値段は550円(税込)、賞味期限は3年。
    たこ焼きの缶詰
    画像元:mr.kanso WEBショップ

    「mr.kanso」オリジナル缶詰には本格的なスペインの味が楽しめる「パエリアの缶詰」もあるが、2017年12月28日までの期間限定販売となっている。

ちなみに、現在のところ「餃子の缶詰」はないようである。

2017/12/18

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「食べ物

関連記事