今のコーヒーの味が飲めなくなる理由

現在、毎日飲むコーヒーが深刻な事態に陥っている。それは、近い将来、地球温暖化が原因で今のコーヒーが飲めなくなるという。

コーヒーとコーヒー豆
画像元:Across America, US Patch

今コーヒーを作っている地域では地球温暖化が原因で、すでにコーヒー豆を栽培できなくなってきている。地球温暖化の影響でコーヒー栽培に適さなくなる土地が、2050年には中央アメリカの48%、ブラジルの60%、東南アジアの70%にも達すると予想されている。

特に私たちがよく飲んでいるアラビカ種のコーヒーは元々もう少し涼しいところで作っていた。現在、栽培する土地を高地に移すことで対応しているが、土壌の質が変わってしまうため、今と同じ高品質の豆を栽培できる保障はない。

また、アラビカ種の原産地でもあるエチオピア辺りでは、それほど豊かではない農家が実際にコーヒーを生産しているため、土地を移ることも困難な状況にある。

これらの理由から、今のような形のアラビカ種が今後も提供されるのは危ない状況にあり、栽培を高地に移しても今飲んでいる美味しいコーヒーの味は再現できないと言われている。

2017/12/18

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「食べ物

関連記事