映画や大学の人気ランキングの裏側

各メディアで映画や大学などの人気ランキングを見ることがあるが、それらのランキングはそのまま鵜呑みに出来ないちょっとした裏側もある。

歴代興行収入ランキングについて

日本国内の歴代興行収入ランキングのトップ10には1993年(平成5年)より前の作品は入っていない。これには1993年に映画の入場料が1,800円になったことが関係していて、1993年より前は入場料が1,500円など安かった。そのため、過去作の方が不利なランキングであると言える。ちなみに、興行収入とは映画館の入場料金収入のことである。

日本歴代興行収入ランキング
順位作品公開年興行収入
(億円)
1千と千尋の神隠し2001308.0
2タイタニック1997262.0
3アナと雪の女王2014255.0
4君の名は。2016250.3
5ハリー・ポッターと賢者の石2001203.0
6ハウルの動く城2004196.0
7もののけ姫1997193.0
8踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!2003173.5
9ハリー・ポッターと秘密の部屋2002173.0
10アバター2009156.0
11崖の上のポニョ2008155.0
12ラストサムライ2003137.0
13E.T.1982135.0
13アルマゲドン1998135.0
13ハリー・ポッターとアズカバンの囚人2004135.0

1993年より前の作品としては13位に1982年(昭和57年)に公開された『E.T.』が入っている。『E.T.』の入場料を当時1,500円ではなく1,800円だったと仮定してみると、『E.T.』の興行収入は162.0億円になり、10位の『アバター』を抜いてトップ10入りすることになる。

引用元:CINEMAランキング通信

大学の志願者数ランキングについて

以下の表は2017年(平成29年)に大学通信社が発表した私立大学の志願者数ランキングである。

私立大学志願者数ランキング
順位大学志願者数(人)
1近畿大学14万6896
2法政大学11万9206
3早稲田大学11万4983
4明治大学11万3507
5日本大学11万2583
6東洋大学10万1180
7立命館大学9万6126
8関西大学8万4586
9千葉工業大学7万4466
10中央大学7万4029

近畿大学は4年連続1位で、近年ではマグロの完全養殖(近大マグロ)などで話題となった。一方、有名で人気もありそうな慶應義塾大学はこのランキングに入っていない。この志願者数ランキングは慎重に捉えなければいけない点がある。

最近では1回の試験で複数の学部を受けることが出来る大学が増えている。他にも、受験料は1回分で同じ学部のA日程・B日程・C日程の3回の試験にエントリーすることが出来るようなシステムもある。この場合、総志願者数は1人ではなく3人でカウントされる。複数の学部を併願する場合も同じようにプラスしてカウントされる。そのため、この志願者数ランキングは人気をそのまま表しているとは言えない点がある。

現在、少子化の中で私立大学も経営に苦労しており、自分の大学にはこんなにも多くの生徒が受験しているのだとアピールしたい思いもある。そして、決して嘘を発表しているわけではないというのもまた事実である。

引用元:読売新聞

2018/01/16

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「歴史・文化

関連記事