グレープフルーツを置くだけでダイエット効果

グレープフルーツやレモン、オレンジなどの柑橘類の皮に多く含まれる「リモネン」(Limonene)という甘酸っぱい香り成分には食欲抑制と脂肪燃焼の効果がある。

そのため、グレープフルーツを部屋に置いておくだけでダイエット効果が期待できる。この効果は大阪大学と新潟大学の共同研究により判明したものである。

リモネン
画像元:Holistic Mom's Aroma Life

リモネンは交感神経の働きを活発にして、血流がよくなることでエネルギー代謝が高まる。また、体内で脂肪を分解する酵素「リパーゼ」の分泌を促す働きがある。そのため、脂肪が燃えやすくなりダイエット効果があるとされている。

他にも、リモネンにはガン細胞の増殖を抑えるガン予防の効果や、抜け毛の原因である悪玉酵素「5αリダクターゼ」の働きを抑制する作用、脳内でα波を出すことによるリラックス効果があるとされている。

リモネンはその香りから、洗剤や芳香剤、アロマオイル、ガムなどの香料として利用されている。また、界面活性剤を含むため、汚れ落としやシールはがし用のスプレー、発泡スチロールを溶かすための溶剤としても利用されている。植物由来の成分であるため、安全性が高いところが魅力である。

ちなみに、バラの香りには記憶力を向上させる効果、セロリの香りには不眠症改善の効果が期待できると言われている。

2018/01/31

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事