日本初の点字新聞「あけぼの」創刊記念日(1月1日 記念日)

1906年(明治39年)1月1日に教育者であった左近允孝之進(さこんじょう こうのしん)(1870-1909)氏が、日本初の点字新聞「あけぼの」を創刊した。

点字・録音図書などを出版する社会福祉法人「桜雲会(おううんかい)」が制定。「あけぼの」の創刊号には「視覚障害者が情報を得られるように」との左近允氏の思いなどが掲載されている。「あけぼの」の精神は現在の毎日新聞社が発行する「点字毎日」に受け継がれている。

11月1日は「点字記念日」。

リンク:社会福祉法人「桜雲会」

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「1月の記念日」「今日は何の日

関連記事