とんちの日・クイズの日(1月9日 記念日)

とんちで有名な一休さんに因んで「いっ(1)きゅう(9)」の語呂合わせから。

一休さん(一休宗純)は室町時代中期の臨済宗の僧。「屏風の虎退治」や「このはし渡るべからず」などが有名で、絵本や紙芝居の題材としてよく用いられる。「とんち」を「クイズ」の意味にとらえて「クイズの日」ともいう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「1月の記念日」「今日は何の日

関連記事