風邪の日(1月9日 記念日)

1795年(寛政7年)のこの日、横綱・谷風梶之助(たにかぜ かじのすけ)が流感で現役のまま亡くなった。

流感とは「流行性感冒」の略で、インフルエンザのこと。亡くなる10年ほど前に流感が流行している時に、「土俵上でわしを倒すことはできない。倒れるのは風邪にかかった時くらいだ。」と語ったことから、この時に流行した流感は「タニカゼ」と呼ばれた。死因となった流感は「御猪狩風(おいかりかぜ)」と呼ばれたが、後に「タニカゼ」と混同されるようになった。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「1月の記念日」「今日は何の日

関連記事