防災とボランティアの日(1月17日 記念日)

1995年(平成7年)1月17日に発生した阪神・淡路大震災にちなんで制定された記念日。1995年12月の閣議で制定が決定され、翌1996年から実施されている。

阪神・淡路大震災は1995年1月17日(火)の午前5時46分52秒に発生した。震源は淡路島北部沖の明石海峡で、深さ16km、マグニチュード7.3であった。死者は6,434人、行方不明者は3人、負傷者は43,792人、全壊・半壊した家屋は約25万棟で、兵庫県を中心に大阪府や京都府など近畿圏の広域で大きな被害を出した。この日には発生時刻の午前5時46分に合わせ、被災各地で追悼行事が営まれる。

記念日は災害に対する自主的な防災とボランティア活動の認識を深め、災害への備えの充実を図ることを目的に制定された。震災の際、学生を中心とした多くのボランティアが活躍し、1995年は日本の「ボランティア元年」と言われた。1月15日~21日は「防災とボランティア週間」となっている。また、震災から11年目の2006年(平成18年)に兵庫県が1月17日を「ひょうご安全の日」に制定している。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「1月の記念日」「今日は何の日

関連記事