湾岸戦争開戦の日(1月17日 記念日)

1991年(平成3年)のこの日、アメリカ軍などの多国籍軍がイラク軍の撤退期限切れで空爆を開始。戦争に突入した。

戦争に突入した背景には西欧とアラブのカルチャーギャップがあったと言われている。「砂漠の嵐作戦」と名付けられた戦争だったが、2月28日にイラクが降伏し、戦争は終わった。環境破壊やイラク経済の混乱などしこりを残す戦争であった。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「1月の記念日」「今日は何の日

関連記事