甘酒の日(大寒 1月20日頃 記念日)

1969年(昭和44年)から瓶入りの甘酒を販売してきた森永製菓株式会社が制定。

日本の伝統的な飲み物であり発酵食品である甘酒の良さ、おいしさを多くの人に知ってもらうことが目的。日付は、甘酒は疲れを癒し、身体が温まる飲み物として「大寒」の頃がもっとも飲まれていることから大寒の日とした。

同社は1974年(昭和49年)に缶入りの甘酒を発売し、40年以上愛され続け、日本で一番売れている甘酒となっている。「酒粕」の深いコクと「米麹」のやさしい甘み、今も昔も変わらぬ手作りの温かさにこだわっている。「酒」という名前が付くが、アルコール1%未満の清涼飲料水であるため、「お酒」ではない。

「甘酒の日」(大寒)は以下の通り。

  • 2016年1月21日(木)
  • 2017年1月20日(金)
  • 2018年1月20日(土)
  • 2019年1月20日(日)

リンク:甘酒(森永製菓)

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「1月の記念日」「今日は何の日

関連記事