飛行船の日(1月22日 記念日)

1916年(大正5年)のこの日、初の国産飛行船である陸軍の「雄飛号」が、所沢~大阪で実験飛行を行った。

「雄飛(ゆうひ)」は、大日本帝国陸軍の軍用航空船。実験飛行は途中、中間点の豊橋に着陸してのものであった。所要時間は合計11時間34分。なお所沢への帰還飛行は機関不調のため行なわず、機体を分解し陸送された。容積:1万立方メートル、重量:8.1トン、全長:85.0m、全幅: 15.5m、全高:22.5 m、乗組人員:6~12名、最大航速:12時間、巡航速度:57.6 km/h、最大速度:68.4 km/h、昇騰高:2.5km、最大航続時間:20時間。本機が製作された埼玉県所沢市ではこの雄飛を記念して作られた焼き菓子「雄飛焼き」が販売されている。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「1月の記念日」「今日は何の日

関連記事