アーモンドの日(1月23日 記念日)

2008年(平成20年)にカリフォルニア・アーモンド協会が制定。

アーモンド約23粒が日本人の成人女性の1日の摂取目安量であることから「1日23粒」で1月23日を記念日とした。アーモンドはバラ科モモ属の落葉高木で、この木からアーモンドナッツが採れる。原産はアジア西南部。現在では南ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアなどで栽培されており、アメリカのカリフォルニア州が最大の産地である。日本の輸入アーモンドの98.7%がアメリカから輸入されている(2013年のシェア)。日本では小豆島などで栽培されている。食品の中でもビタミンEが最も多く含まれている。ビタミンEは活性酸素による体細胞や血管の酸化を防ぐ抗酸化作用があり、老化の予防やAGEsの排出に役立つ。また、豊富な不溶性食物繊維を含み、腸の働きを活発にして整腸を促してくれる。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「1月の記念日」「今日は何の日

関連記事