帝銀事件の日(1月26日 記念日)

1948年(昭和23年)のこの日、東京・豊島の帝国銀行椎名町支店で行員など12人を毒殺して現金などを奪った「帝銀事件」が起こった。同年に容疑者が逮捕され、後に死刑が確定したが、未だに多くの謎が解明されていない。

帝国銀行は、後の三井銀行、現在の三井住友銀行。事件は、敗戦から間もないGHQ支配下の時代に起こった。この日、東京都の衛生課員と名乗る男が、「近くで赤痢が発生したので予防薬を飲んでもらいたい」と偽り行員など16人に青酸化合物を飲ませて12人を殺害し、現金16万円と小切手を奪って逃走した。当初は青酸化合物の扱いに熟知した旧陸軍細菌部隊関係者を中心に捜査されていたが、その年の8月に画家・平沢貞通を北海道小樽で逮捕、1955年(昭和30年)5月に死刑が確定した。

しかし、審理に不審な点が多く、冤罪であるとしてその後何度も再審請求が出された。平沢貞通は刑を執行されないまま1987年(昭和62年)に獄中で95歳で病死したが、現在でも支援者が名誉回復のための再審請求を続けている。この事件をもとに、横溝正史の『悪魔が来たりて笛を吹く』など多くの推理小説が書かれた。

リンク:帝銀事件(平沢貞通氏を救う会)

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「1月の記念日」「今日は何の日

関連記事