EPAの日(毎月30日 記念日)

水産事業や食品事業などを手がける日本水産株式会社が制定。

EPAとは魚に多く含まれる「エイコサペンタエン酸」の略称で、いわし・さば・あじなどの青魚に多く含まれるn-3系脂肪酸のひとつで、体内でほとんど作ることができない「必須脂肪酸」の一種。中性脂肪を減らしたり、心臓病・脳梗塞・動脈硬化などの予防をする働きがある。日付は肉中心の生活を送る現代人に肉(29)を食べた次の日(30)には魚を食べ、EPAを摂取してバランスよい食生活を一年中送って欲しいという思いを込めて毎月30日に。

EPAが脚光を浴びるようになったのは、1960年代にデンマークのダイアベルグ博士らが行った、デンマーク自治領であるグリーンランドのイヌイットの人々を対象に行った疫学調査がきっかけであった。イヌイットは、野菜をほとんど摂らず、アザラシなどの肉を主食としている。にもかかわらず、牛や豚、羊など肉食中心のヨーロッパ人より、心筋梗塞で亡くなる人が非常に少なかった。調査の結果、イヌイットの血液中に含まれるEPAが、ヨーロッパ人に比べきわめて多いことが明らかになった。彼らが摂っているEPAは、アザラシなどが主食とする青魚に由来するものであった。

リンク:チャレンジ血液サラサラ宣言(ニッスイ)

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「1月の記念日」「今日は何の日

関連記事