2分の1成人式の日(2月1日 記念日)

大阪府大阪市に本社を置き、子ども専門の写真スタジオを全国展開する株式会社スタジオアリスが2017年(平成29年)に制定。

成人となる20歳の半分の10歳は「自分が生まれてきたことへの感謝と将来の夢」について考える時期。その節目に、子どもの成長を振り返る大切な日として「2分の1成人式」を広めることが目的。日付は2と1で「2分の1」を表している。

2分の1成人式

リンク:スタジオアリス

「2分の1成人式」について

「2分の1成人式」は文部科学省が定める学習指導要綱に当該行事の記載は無いが、実施校や教諭の裁量により課外活動の一環として、小学校または地域において行われている。また、近年では写真館での記念撮影も盛んになってきている。

学校で行われる場合には、小学校中学年の4年生を対象に、校長や保護者代表による祝いの言葉、「2分の1成人証書」の授与、合唱などが行われる。1~2月に開催されることが多く、「学年全体」で実施される場合もあれば、「クラスごと」での実施の場合もある。

考案者は兵庫県西宮市の佐藤修一教諭とされている。1980年(昭和55年)頃に4年生の担任をした際、高学年への門出に「背筋を伸ばして参加するようなイベントを」と考案したという。東京都では2006年(平成18年)時点で、公立小学校約1,300校の半数以上で行われていた。

ちなみに、10歳から12歳までの若者のことを英語でプレティーン(preteen)と呼ぶ。13歳から19歳を表すティーン(teen)の前に、前段階を表すプレ(pre)を付けた造語である。「2分の1成人式」はプレティーン(10歳)を迎えたことを記念した行事・儀式とも言える。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事