フレンチ・クレープデー(2月2日 記念日)

フランス生まれの調理器具ブランド「ティファール」を展開する株式会社グループセブ ジャパンが2017年(平成29年)に制定。

ティファールが生まれたフランスでは、クリスマスから約40日後の2月2日は「ラ・シャンドルール」と呼ばれ、春の訪れを祝って家族や友人とクレープを食べる習慣があり、これを日本でも広めることが目的。冬が終わり、これから春を迎える日になっていくとの意味合いも持つ。

フレンチ・クレープデー

同社ではこの記念日に「おうちクレープを楽しもう!」とのキャッチコピーのもと、おうちクレープを楽しんでいる写真を募集し、また、インスタグラム&ツイッター投稿プレゼントキャンペーンを行っている。

リンク:フレンチ・クレープデー

クレープについて

フランスでは、甘いクレープを「クレープ」、甘くない食事用のクレープを「ガレット」と呼び、ジャムやチョコレートなどをのせた定番デザートから、ハムやチーズを使った食事用のクレープまで様々なクレープを楽しんでいる。そのため、各家庭ではクレープ専用のクレープパンを必ず持っており、毎年買い替えるほど使っている。

2017年1月にティファールはクレープ専用フライパン「ハッピークレープデイクレープパン」を発売した。何枚焼いても、薄いクレープ生地がスルッとはがれて返しやすい本格的なフレンチクレープを作ることができる。

ハッピークレープデイクレープパン

リンク:ティファール

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事