抹茶の日(2月6日 記念日)

1992年(平成4年)に愛知県西尾市茶業振興協議会が制定。

西尾茶創業120年の記念と、販路拡大のため。茶道で釜をかけて湯を沸かす道具「風炉(ふろ)」から「ふ(2)ろ(6)」の語呂合わせで命名。風炉は現在の作法では夏季の5月から10月まで使用されるが、元々の茶の湯の作法は風炉から起こったもので、今でも最高の形式でお点前(てまえ)をする場合には風炉が使用される。玉露や煎茶は、見た目の状態は鮮やかな濃い緑色をし、艶のあるものがよいとされている。

10月31日は「日本茶の日」。

リンク:愛知県西尾市「お茶についてのお話5」

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事