環境・エネルギーに取り組むブルーの日(2月6日 記念日)

大阪府大阪市北区に本社を置き、総合エネルギー・マーケティング事業を手がけるブルーコンシャス株式会社が2018年(平成30年)に制定。

日付は「冬の青空」を表す2月と、心を清らかにする「六根清浄」の六から6日に。地球・海・空など、青色を意識した取り組みを行い、青色を維持するための日とすることが目的。

六根清浄とは、欲や迷いを断ち切って、心身が清らかになること。六根とは、私欲や煩悩、迷いを引き起こす目・耳・鼻・舌・身・意の六つの器官をいう。

同社では、住宅のスマートハウス・リフォーム事業、太陽光発電や風力発電システムの販売・保守管理、LED・省エネ商品の企画・販売などを行っている。

スマートハウス

リンク:ブルーコンシャス

スマートハウスについて

スマートハウスとは、太陽光発電などで作りだしたエネルギーを、IT(情報技術)を活用して効率的に利用する次世代省エネ住宅のことである。世界で環境問題に取り組む今日、エネルギーを賢く利用し、エネルギー消費を抑えるスマートハウスは注目を浴びており、さまざまな企業が参入をしている。

住宅のエネルギー管理・省エネを行うシステムのことを「HEMS」(ヘムス、Home Energy Management System)と言い、政府もHEMSの普及促進を図っている。家電、太陽光発電、蓄電池、電気自動車などを一元的に管理する住宅で、センサーやコンピュータの技術を応用して、“賢い”省エネを実現してくれる。

また、デジタル化やネットワーク化された家電は一般的に「情報家電」と呼ばれる。電力の利用状況のリポートや省エネのためのアドバイスをしてくれたり、人の在・不在を感知して電源のオン・オフを自動的に行ったり、生活パターンを学習して自動的に消費電力の最適化を行ったりする。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事