ニートの日(2月10日 記念日)

「ニ(2)ート(10)」の語呂合わせ。

ニート(NEET)とは、「Not in Education, Employment or Training」の頭文字を取ったもので、就学・就労・職業訓練のいずれも行っていないことを意味する用語である。日本では、15~34歳までの非労働力人口のうち通学・家事を行っていない者を指しており、「若年無業者」と呼称している。2004年(平成16年)に当時の東京大学社会科学研究所助教授・玄田有史とジャーナリスト・曲沼美恵の共著『ニート フリーターでもなく失業者でもなく』で初めて「ニート」という用語が用いられた。厚生労働省の定義による若年無業者(ニート)の総数は、2002年(平成14年)で64万人、2012年(平成24年)で63万人であった。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事