苗字の日・苗字制定記念日(2月13日 記念日)

苗字を名乗ることが義務づけられた日。

江戸時代、苗字を使っていたのは貴族と武士だけだったが、1870年(明治3年)9月19日、平民が苗字を名乗ることを許可する太政官布告が出された。しかし、読み書きが不得手の人が多く、また、当時国民は明治新政府を信用しておらず、苗字を付けたらそれだけ税金を課せられるのではないかと警戒し、なかなか広まらなかった。そこで、1875年(明治8年)2月13日、「平民も必ず姓を称し、不詳のものは新たにつけつように」と苗字を名乗ることを義務づける「平民苗字必称義務令」という太政官布告が出された。しかし、簡単にいったわけではなく、酒好きでクダを巻くので「酒巻」、女好きだから「女楽」など苦心談が残っている。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事