NISAの日(2月13日 記念日)

2013年(平成25年)に特定非営利活動法人「確定拠出年金教育協会」が制定。

日付は「ニーサ(213)」の語呂合わせから。2014年(平成26年)1月から少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」が新しく開始されることを記念し、その内容を広めることが目的。同協会は、年金加入者が自分の責任で資産形成のための賢い選択を行えるように、その効果的な教育を中立の立場で支援する。

「NISA(ニーサ)」とは、日本において、上場株式や投資信託の投資に対して、税制上20%かかる売却益と配当金への課税を、年間120万円を上限に非課税とする制度。金融機関において、この制度が適用される非課税口座を、通常の取り引き口座とは別に開設する必要がある。NISAは、イギリスにおいて1999年(平成11年)6月に居住者に対する類似の少額投資を優遇する制度(非課税制度)として開始された、個人貯蓄口座(Individual Saving Account、略称:ISA)を参考につくられた。そのため、NISAは日本版「ISA」とも呼ばれ、NISAの「N」は「Nippon」を意味している。

リンク:NPO 401k 教育協会(確定拠出年金教育協会)

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事