チョコレートの日(2月14日 記念日)

バレンタイン・デーに因んで日本チョコレート・ココア協会が制定。

バレンタイン・デーのアイテムとして欠かせないチョコレートをさらにPRすることが目的。バレンタイン・デーにチョコレートを贈る習慣は、1958年(昭和33年)に株式会社メリーチョコレートカムパニーが新宿の伊勢丹で販売促進キャンペーンを行ったことが始まり。1年目は3日間で3枚、170円しか売れなかったが、現在ではチョコレートの年間消費量の4分の1がこの日に消費されると言われるほどの国民的行事となった。バレンタイン・デーに女性が男性にチョコレートを贈る習慣は日本独自のもので、ヨーロッパやアメリカでは大切な友達にカードを贈ったり、夫から妻へアクセサリーを贈ったり、子供同士でキャンデーの交換をしたりすることが習慣になっている。

リンク:メリーチョコレート

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事