天気図記念日(2月16日 記念日)

1883年(明治16年)のこの日、日本で初めて天気図が作られた。

ドイツ人の気象学者エルウェン・クニッピングが天気図を描き、英語で書かれた天気概況を翻訳したものだった。当初の天気図は電報で送られた全国11箇所の測候所のデータを元に描かれた7色刷であった。3月1日以降は印刷して1日1回発行されることとなり、8月23日以降は新橋と横浜の停車場に掲示された。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事