プロレスの日(2月19日 記念日)

1954年(昭和29年)のこの日、日本初のプロレスの本格的な国際試合が東京・蔵前国技館で開催された。

力道山が柔道出身の木村政彦と組んで、カナダ出身でアメリカから来日したシャープ兄弟とのNWA世界タッグ戦であった。日本テレビとNHKが同時中継し、新橋駅西口広場の街頭テレビには2万人の群集が押し寄せたという。

シャープ兄弟は、初来日の際に5回対戦し、王座を保持したまま帰国した。力道山は、大相撲の力士出身で、外国人レスラーを空手チョップで次々と倒す姿に人気が集まった。素行の面でいろいろと問題はあったが、日本のプロレス界の礎を築いた最大の功労者であり、「日本プロレス界の父」と呼ばれる。

7月30日は「プロレス記念日」。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事