尿もれ克服の日(2月20日 記念日)

排尿障害の病気を克服した元患者の女性らで作る団体「ひまわり会」が2005年(平成17年)に制定。

日付は「尿(2)も(英語でtoo=2)れ(0)」の語呂合わせから。尿もれに関する認識を高めてもらい、尿もれで悩んでいる女性がゼロになることが目的。尿もれで悩んでいる人は、健康な女性の4人に1人といわれ、尿もれの潜在患者が600万人以上いるともいわれている。悩んでいる人が多い病気である一方、病院で受診する人は1割にも満たないというのが現状である。尿もれは、咳やくしゃみをした時や体を動かした拍子に漏れる「腹圧性尿失禁」と、したいと思ったときに我慢できずに漏れてしまう「切迫性尿失禁」、そして両方が合わさった「混合型尿失禁」の3つに分かれる。そのうち6割以上を占めるのが「腹圧性尿失禁」で、骨盤底の筋肉を鍛える体操、尿道をつり下げるTVT手術、治療薬により改善する。

リンク:ひまわり会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事