東京初の日刊新聞創刊日(2月21日 記念日)

1872年(明治5年)のこの日、東京で初めての日刊新聞「東京日日新聞」(現在の毎日新聞)が創刊された。

創刊号は片面だけ印刷された1枚のみで、代金は140文、1ヵ月銀20匁(もんめ、重さの単位で1匁は3.75グラム)であった。外国人向けの新聞は19世紀中頃からあったが、日本国内のニュースが新聞になったのは明治になってから。日本初の日刊新聞は1871年1月28日(明治3年12月8日)、横浜活版舎(のち横浜毎日新聞社)が創刊した「横浜毎日新聞」であった。しかし、1940年(昭和15年)、東京の「帝都日日新聞」(現在のやまと新聞社)に吸収合併されたため、現存する中では「東京日日新聞」が最古となる。毎日新聞は自身のことを「東京で最初の日刊紙」と表現している。

リンク:毎日新聞社

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事