切抜の日(3月1日 記念日)

東京都新宿区大久保にある株式会社内外切抜通信社が制定。

1890年(明治23年)のこの日、各種の新聞や雑誌などから顧客の必要な情報だけを切り抜いて提供する日本初の切り抜き(クリッピング)会社である「日本諸新聞切抜通信」が設立された。内務省から欧州に派遣された陸軍軍人・政治家の山縣有朋(やまがた ありとも)が滞在中に切り抜き会社を利用し、日本での創業を促したと言われている。その後、「愛国切抜」「時事通信切抜通信部」「帝国切抜通信社(大阪)」などの切り抜き会社が設立された。「内外切抜通信社」は、1939年(昭和14年)創業の業界の草分け的企業で、国内外の新聞・雑誌のクリッピング、テレビ・WEBのモニター調査、メディア露出の効果測定などを手がける。例えば、ツイッター(Twitter)において特定のキーワードを含むツイートを集計し、利用者の反応を調査することなどを行っている。

リンク:内外切抜通信社

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事