中国残留孤児の日(3月2日 記念日)

1981年(昭和56年)のこの日、中国残留日本人孤児47名が、肉親探しのために、厚生省の招待で初めて公式に来日した。このうち29名の身元が判明した。

第二次世界大戦末期、現在の中国東北地方(旧満州地区)には開拓団など約150万人の日本人が居住していたが、ソ連軍侵攻と関東軍の撤退によって満州における日本の支配権と、それに基づく社会秩序は崩壊した。敗戦の混乱の中、帰国の途中で肉親が死亡、または行方不明となり、中国に残留を余儀なくされた子供たちが数万人に上るとされる。日本政府はその子供たちのうち、両親が日本人であって、日ソ開戦が直接の原因で両親が死亡、もしくは生き別れとなり、当時12歳以下の者を中国残留孤児と定義している。2016年(平成28年)12月31日現在、訪日調査などを行った孤児2,818名のうち1,284名の身元が判明している。

リンク:中国残留邦人等への支援 |厚生労働省

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事