酸蝕歯の日(3月4日 記念日)

イギリス・ロンドンに本社を置く世界有数の規模を持つグローバル製薬企業で、液体歯磨剤「シュミテクト」を販売するグラクソ・スミスクライン株式会社が制定。

酸蝕歯(さんしょくし)とは、食事中の酸により歯のエナメル質が摩耗した状態の歯のこと。日付は「さん(3)しょくし(4)」(酸蝕歯)と読む語呂合わせから。酸蝕歯を広く社会的にアピールすることが目的。

酸蝕歯について

歯の健康のために酸蝕歯の改善が大切で、「酸」の多い現代の食生活が、エナメル質のダメージを引き起こす原因になっている。「酸」を多く含む飲食物とは、ワインやスポーツドリンク、ドレッシング、また、健康によいと言われるフルーツやジュースも含まれる。

歯のエナメル質のダメージは、年齢とともに進行するが分かっている。エナメル質が「弱くなる」「薄くなる」「透けてくる」「黄ばむ」「光沢がない」ことがダメージのサインだが、特に初期段階は自分では分かりにくく、歯医者さんに相談するのが良い。

リンク:シュミテクト

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事