スカーフの日(3月4日 記念日)

日本スカーフ協会が2018年(平成30年)に制定。

日付は古くからヨーロッパではカトリックのミサの際に女性が三角形や四角形のベールを頭から被るのが礼儀とされ、ベールを忘れないように首に巻いたのがスカーフの始まりと言われていることから、三角形と四角形の3と4で3月4日とした。また、春先にスカーフを巻く人が多いこともその由来の一つ。おしゃれなファッションアイテムとして人気のスカーフの魅力をさらに多くの人に知ってもらうことが目的。

フカーフ
画像元:楽天市場

フカーフについて

スカーフ(Scarf)とは、主に女性が装飾用に身につける綿・麻・絹・ポリエステル・ウールでできた正方形または三角形の薄手の布のこと。制服の一部として使われる場合はネッカチーフと呼ばれる。また、頭を覆う場合はベールまたはヘッドスカーフ、首に巻く場合は襟巻きとも呼ばれる。

日本では神奈川県横浜市が生産量の80%を占めている。横浜では受注生産方式が主流であり、約350の関連業者による分業システムとなっている。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事