スチュワーデスの日(3月5日 記念日)

1931年(昭和6年)のこの日、東京航空輸送社(後に大日本航空に吸収)が実施した日本初のスチュワーデス採用試験の結果が発表された。

「エアガール」という呼び名で募集され、2月5日に試験が行われた。140人の応募に対し、合格者は3人だった。その3人は東京-下田-清水間の定期旅客路線に新卒として採用された。

スチュワーデスについて

スチュワーデスとは、旅客機に乗り込み接客サービスを行う女性客室乗務員のことで、船舶の司厨員に由来する「スチュワード」の女性の呼称である。

現在では、テレビドラマなどの影響もあり、性差のない語である「キャビンアテンダント」または「CA(シーエー)」と呼ばれることが多い。ただし、「Cabin Attendant」は和製英語で、英語では「フライトアテンダント」(Flight Attendant)と呼ばれる。

キャビンアテンダント
スチュワーデス
画像元:職業ガイド

キャビンアテンダントの新卒採用倍率は数十倍は当たり前の人気職業であり、なるための難易度は高い。なるためには実践的な英語を含む語学力、容姿、学歴、マナー、教養など総合的な能力が求められる。キャビンアテンダントの平均年収は2014年(平成26年)時点で477万円程度となっている。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事