国際女性デー(3月8日 記念日)

国際的な婦人解放の記念日。国際デーの一つ。英語表記は「International Women's Day」(IWD)。「国際婦人デー」「国際女性の日」などとも呼ばれる。

1904年(明治37年)のこの日、アメリカ・ニューヨークで、女性労働者が参政権を求めて集会を開いた。1910年(明治43年)にデンマークの首都・コペンハーゲンで行なわれた国際社会主義者会議で「女性の政治的自由と平等のためにたたかう記念の日」として正式に制定された。

日本では1923年(大正12年)、社会主義婦人団体・赤瀾会(せきらんかい)が中心となり、種蒔き社の後援で、東京・神田のキリスト教青年会館で婦人の政治的・社会的・経済的自由を訴える演説会が開催されたのが最初だった。

国連は「国際婦人年」である1975年(昭和50年)に3月8日のこの日を「国際婦人デー」(IWD)と定めた。現在では「国際女性デー」と言い換えられている。

この日は、国際連合事務総長が女性の十全かつ平等な社会参加の環境を整備するよう、加盟国に対し呼びかける日となっており、婦人の解放と世界平和を目指す国際的な行動日として世界でさまざまな催しが行われている。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事